まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

Hyperledger Composer Playground はオープンソースのブロックチェーン環境である Hyperleger Fabric 上で稼働させるビジネスネットワークを新たに定義したり、編集したり、テストしたり、デプロイする時に便利な GUI を提供するツールです。ウェブ上の公開サービスを使うこともできますが、ローカル環境に導入して、自分専用の環境を構築することもできます。その後者の手順を紹介します。


まず導入先の環境に Hyperledger Fabric を導入しておく必要があります。その手順はこちらを参照してください:
Hyperledger Fabric & Composer 環境の導入手順(2018/2月版)

Hyperledger Fabric が導入された環境の上に Hyperledger Composer Playground を導入します。その手順は以下のコマンド一発だけです:
$ sudo npm install -g composer-playground

導入後に Hyperledger Composer Playground を起動する場合は以下のコマンドを入力します:
$ composer-playground

デフォルトでは 8080 番ポートで Hyperledger Composer Playground が起動します。ウェブブラウザで以下の URL にアクセスします:
http://xx.xx.xx.xx:8080/  (xx.xx.xx.xx は Hyperledger Composer Playground を導入したマシンのサーバー名または IP アドレス)

すると以下のような画面になり、Hyperledger Composer Playground が使えるようになります(ここから先はオンライン版とほぼ同じ):
2018021201


"Let's Blockchain" ボタンをクリックすると、登録済みビジネスネットワークの一覧が表示されます:
2018021202


オンライン版を使うのもアリだとは思いますが、内容のリセットをかけたり、ビジネスネットワークカードを作成したりインポートしたり、といった管理者にしかできない作業も体験できるのがローカル環境に導入した場合のメリットです。


EC サイトの商品画像を効率よく表示するテクニックの1つに「カルーセル(carousel、「回転木馬」とか、日本だと「メリーゴーランド」と表現されることも)」と呼ばれる方法があります。スマホなどの限られた画面サイズの中により多くの画面や画像を含ませる技術で、画面・画像を小さくして詰め込むのではなく、個々の画面は横サイズいっぱいに表示させつつ、(一般的には)横スクロールで画面いっぱいの画像を次々に切り替えて表示するテクニックです。

このカルーセルを実装する方法はいくつもありますが、jQuery と組み合わせて使う slick が有名なようでした。というわけで、使い方を調べてみたので以下メモ代わりに残しておきます:
2018021900


CSS と JavaScript の指定
まず slick は jQuery が読み込まれている前提で動くので、最初に jQuery を読み込んでおきます。その後、CSS 、テーマ CSS、そして Slick の JavaScript をロードします。全て CDN を使うとこんな感じになります:
  :
<script type="text/javascript" src="//code.jquery.com/jquery-2.0.3.min.js"></script>
<link href="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/slick-carousel/1.8.1/slick.min.css" rel="stylesheet"/>
<link href="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/slick-carousel/1.8.1/slick-theme.css" rel="stylesheet"/>
<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/slick-carousel/1.8.1/slick.min.js"></script>
  :

カルーセルの中身を作成
次にカルーセルの中身になる部分を、以下のような形で作成します(カルーセル全体となる <div> 要素に myclass という名前を付けて、その中に子 <div> 要素の形で各カルーセル内の要素を配置。子要素は HTML でも画像でも可)。

当たり前ですが、このままだと各要素が縦に5つ並ぶだけの UI になります:
  :
<div class="myclass">
 <div>(1番目のカルーセルの中身)</div>
 <div>(2番目のカルーセルの中身)</div>
 <div>(3番目のカルーセルの中身)</div>
 <div>(4番目のカルーセルの中身)</div>
 <div>(5番目のカルーセルの中身)</div>
</div>
  :

カルーセル化
この部分をカルーセル化します。カルーセル全体の div 要素(上記の myclass クラスを指定している部分)に slick() 関数を実行します。実行時のパラメータでカルーセルの挙動をカスタマイズすることも可能です(以下はその例):
<script>
  :
$(function(){
  $('.myclass').slick({
    infinite: false,    //. 端までスクロールしてもループしない
    slidesToShow: 3,    //. 1度に3つ表示
    slidesToScroll: 1,  //. スクロールは1つ単位
    initialSlide: 0,    //. 最初に表示するのは一番最初(上)の要素
    arrows: true,       //. コントロール用の矢印を表示する
    dots: true          //. 全体の位置がわかるような点コントロールを表示する
  })
});
  :
</script>


試しにこのブログエントリ内に同じような要素を作ってみるとこんな感じになりました:
(1番目のカルーセルの中身)
(2番目のカルーセルの中身)
(3番目のカルーセルの中身)
(4番目のカルーセルの中身)
(5番目のカルーセルの中身)


簡単ね~

JavaScript で JSON 配列をソートする、意外と簡単な方法があります。具体例として、例えば以下のような JSON 配列: myArray があったときに、
var myArray = [
 { id: 1, name: "鈴木", age: 30 },
 { id: 2, name: "田中", age: 29 },
 { id: 3, name: "佐藤", age: 35 },
   :
];

この JSON 配列を age 要素の小さい順にソートしたいという場合にどうやるか、というケースを紹介します。


まず、JavaScript の配列には sort 関数が標準で用意されています。直感的にこんな感じで使えます:
var array1 = [ 30, 29, 35 ];
array1.sort();                  //. => array1 = [ 29, 30, 35 ];

注意点として sort() 実行後の返り値がソート結果になるのではなく、実行すると array1 そのものが書き換えられる、という点に注意が必要です。

sort() 関数には比較関数をパラメータで指定して、比較方法を指定することもできます。例えば以下の例では比較関数 compare を「小さい順に並べる」ような内容にしているので、sort() 実行後に小さい順にソートされます(要するに普通の sort() と同じ結果になります):
//. 比較関数
function compare( a, b ){ var r = 0; if( a < b ){ r = -1; } else if( a > b ){ r = 1; } return r; }
var array2 = [ 30, 29, 35 ]; array2.sort( compare ); //. => array2 = [ 29, 30, 35 ];

比較関数はパラメータ a と b の大小関係をその返り値によって定義します:
・返り値が 0 より小さい場合、a < b(aはbよりも前に来る)
・返り値が 0 より大きい場合、a > b(aはbよりも後ろに来る)
・返り値が 0 の場合、a = b(aとbの位置関係は変わらない)

したがって、compare 関数の返り値の符号を逆にすると「大きい順に並べる」という比較関数を指定したことになり、sort() 実行後に大きい順にソートされます:
//. 比較関数
function compare( a, b ){ var r = 0; if( a < b ){ r = -1; } else if( a > b ){ r = 1; } return ( -1 * r ); } var array3 = [ 30, 29, 35 ]; array3.sort( compare ); //. => array3 = [ 35, 30, 29 ];

上記 JSON 配列のソートもこの比較関数を使った sort() の応用で可能になります。具体的には以下のように age 要素で大小比較するような比較関数を用意します:
//. 比較関数
function compare( a, b ){ var r = 0; if( a.age < b.age ){ r = -1; } else if( a.age > b.age ){ r = 1; } return r; }
var myArray = [ { id: 1, name: "鈴木", age: 30 }, { id: 2, name: "田中", age: 29 }, { id: 3, name: "佐藤", age: 35 }, : ]; myArray.sort( compare );

これだけ。応用も簡単にできそうで超便利。


このページのトップヘ