まだプログラマーですが何か?

プログラマーネタとアスリートネタ中心。たまに作成したウェブサービス関連の話も http://twitter.com/dotnsf

Chart.js を使うと、レスポンシブ対応した各種グラフを簡単に実現できて便利です。便利でよく使うのですが、それ故にカスタマイズしたくなることも少なからず発生します。

例えばこんな例です。Chart.js を使うと水平の積み上げ棒グラフもこんな感じで作れるのですが・・・
2019111701

  :
  :

<script src="//code.jquery.com/jquery-2.2.4.min.js"></script>
<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Chart.js/2.7.3/Chart.min.js"></script>

  :
  :

<script>
var data = {
  labels: [ 'カレーライス', 'ラーメン', 'ハンバーグ', 'サラダ' ],
  datasets: [{
    label: '脂質',
    data: [ 500, 300, 400, 100 ],
    backgroundColor: 'rgba( 255, 100, 100, 1 )'
  },
  {
    label: 'たんぱく質',
    data: [ 300, 250, 400, 200 ],
    backgroundColor: 'rgba( 100, 100, 255, 1 )'
  },
  {
    label: '炭水化物',
    data: [ 200, 300, 100, 50 ],
    backgroundColor: 'rgba( 100, 255, 100, 1 )'
  }],
};
var options = {
  scales: {
    title: {
      display: true,
      text: '三大栄養素別比較',
      padding: 3
    },
    xAxes: [{
      display: true,
      scaleLabel: {
        display: true,
        labelString: 'mg'
      },
      ticks: {
        min: 0
      },
      stacked: true  //. 積み上げ棒グラフ
    }],
    yAxes: [{
      display: true,
      scaleLabel: {
        display: true,
        labelString: ''
      },
      stacked: true  //. 積み上げ棒グラフ
    }]
  },
  legend: {
    labels: {
      boxWidth: 30,
      padding: 20
    },
    display: true
  },
  tooltips: {
    titleFontSize: 20,
    bodyFontSize: 20,
    mode: 'label'
  }
};

$(function(){
  var ctx1 = document.getElementById( 'myChart1' );
  var graph1 = {
    type: 'horizontalBar',
    data: data,
    options: options
  };
  var myChart1 = new Chart( ctx1, graph1 );
});
</script>

  :
  :

<canvas id="myChart1" style="position:relative; width:900; height:300;"></canvas>

  :
  :




このグラフの特定部分に追加の描画を加えたくなることがあります。例えばある値やエリアを強調表示するために塗りつぶしたい、といったカスタマイズです。カスタマイズ後の例としてはこんな感じ:
2019111702

  ↑横軸の 450 ~ 550 部分を薄くピンクで塗りつぶして強調


これを実現するには Chart.js のカスタマイズが必要になります。具体的にはヘルパー機能を使って水平棒グラフの draw() メソッドを拡張し、本来の draw() メソッド実行後に Canvas のグラフィックコンテキストを使って直線や矩形を追加で描画する、というカスタマイズを行います(変更箇所をで表記):
  :
  :

var options = {
  scales: {
    title: {
      display: true,
      text: '三大栄養素別比較',
      padding: 3
    },
    xAxes: [{
      display: true,
      scaleLabel: {
        display: true,
        labelString: 'mg'
      },
      ticks: {
        min: 0
      },
      stacked: true  //. 積み上げ棒グラフ
    }],
    yAxes: [{
      display: true,
      scaleLabel: {
        display: true,
        labelString: ''
      },
      stacked: true  //. 積み上げ棒グラフ
    }]
  },
  lineAtX1: 450,    //. この位置に矩形を描画
  lineAtX2: 550,    //. この位置に矩形を描画
  legend: {
    labels: {
      boxWidth: 30,
      padding: 20
    },
    display: true
  },
  tooltips: {
    //enabled: false,
    titleFontSize: 20,
    bodyFontSize: 20,
    mode: 'label'
  }
};


//. hozirontalBar を拡張
var originalLineDraw = Chart.controllers.horizontalBar.prototype.draw;
Chart.helpers.extend(Chart.controllers.horizontalBar.prototype, {
  draw: function () {
    //. 本来の hozizontalBar を描画
    originalLineDraw.apply(this, arguments);

    var chart = this.chart;
    var ctx = chart.chart.ctx;  //. グラフィックコンテキスト

    var lineAtX1 = chart.config.options.lineAtX1;
    var lineAtX2 = chart.config.options.lineAtX2;
    if( lineAtX1 && lineAtX2 ){
      var xaxis = chart.scales['x-axis-0'];
      var yaxis = chart.scales['y-axis-0'];

      //. 軸の値をグラフィックコンテキストの座標に変換
      var x1 = xaxis.getPixelForValue( lineAtX1 );
      var y1 = yaxis.top;

      var x2 = xaxis.getPixelForValue( lineAtX2 );
      var y2 = yaxis.bottom;

      ctx.save();
      ctx.beginPath();

      ctx.lineWidth = 5;
      ctx.fillStyle = 'rgba(255,200,200,0.1)';
      ctx.fillRect( x1, y1, x2 - x1, y2 - y1 );

      ctx.restore();
    }
  }
});

  :
  :


変に HTML5 Canvas に慣れていると、グラフィックコンテキストを取得して自由に描画して、・・・というカスタマイズを考えてしまうのですが、Chart.js でそのようにすると描画した部分を別のタイミングで Chart.js が上書きしてしまったりして、想定通りにカスタマイズできないことが多くあります。そのためか、上記のようなカスタマイズのためのヘルパーが用意されていて、その中でカスタマイズを行う、という手法を実装する必要があるようです。


Web アプリでドラッグ&ドロップ(以下 DnD と表記)すること自体はできるようになりました。HTML5 では DnD できる要素が多く定義されていたり、HTML5 以前にも mouseup イベントや mousedown イベントをハンドリングすることで独自に実装することは可能でした。 

ただモバイル Web で、つまりスマホのウェブブラウザから DnD を行うことはまだ困難が伴います。そもそもスマホの小さい画面で DnD を行うことが使いやすいかどうか、という根本的な問題もあると思っていて、それが理由かどうかは定かではありませんが、HTML5 の DnD API の多くはスマホブラウザからは使えないことが多いようです。

そういった事情を理解した上で、それでも現状でどこまでできるだろうか? という観点で実現方法を考えて実装し、公開してみました:
https://dotnsf.github.io/mobile_dnd_sample/


上記 URL にスマホのブラウザでアクセスすると以下のような画面になります。4角の枠内に5枚の付箋が貼られているイメージです:
2019111701


各付箋は指でドラッグして位置を変えることができるようにしています。下図はピンクの「ハロー」と書かれた付箋をドラッグして位置を変更した後の様子です:
2019111702


また各付箋はダブルタップすると編集モードになり、書かれた文字を編集することができるようになります。「ハロー」を編集して「ハロー!」にしてみました:
2019111703


編集モードで「OK」をタップすると編集後の文字列が反映されます:
2019111704


付箋を削除する場合は、一度ダブルタップして編集モードにして、「DELETE」をタップします:
2019111705


確認後に削除されて元の画面に戻ります。「abc」と書かれていた付箋が削除されました:
2019111706


新しい付箋を追加する場合は「NEW」をタップし、編集モードで内容を入力します:
2019111707


そして「OK」をタップすると新しい付箋が追加されます。この付箋も同様にドラッグして位置を変えたり、再度編集して内容を変更することができます:
2019111708



一連の機能紹介は以上です。一応スマホのウェブブラウザでもドラッグ&ドロップによる UI が実現できました。サンプルでは全て JavaScript を使ってフロントエンドだけで実現していますが、データベースとのバックエンド連携を加えることで永続化なども実現できると思っています。

詳しくは後述のソースコードを参照いただきたいのですが、今回のサンプルでは HTML5 Canvas を使って、Canvas 内に付箋に相当するオブジェクトを描画して実現しています。Canvas 内の Touch イベントを監視してドラッグを処理しています。また編集モード画面は Bootstrap のモーダルダイアログを使っています。


ソースコードはこちらです。実態は index.html ファイル1つで、全ての HTML と JavaScript がこの中に含まれています:
https://github.com/dotnsf/mobile_dnd_sample



このブログエントリの続きです。IBM CIS(Cloud Internet Services) とその設定方法についてはこちらをどうぞ:
IBM Cloud で CIS を使って証明書作成なしにカスタムドメインの https アクセスを行う


上記リンク先の設定を行うことで、アプリケーションファイアウォールや DDOS 対策など、簡単に安全なインターネット運用環境を構築することができます。これはこれで便利なのですが・・・

一方でこの設定が不要なタイミングもあります。典型的な例は「アプリケーション開発時」です。CIS の防御モードが有効になっている環境では、ウェブブラウザからアクセスした時にいったんそのリクエストを受け取った上で「そのリクエストが攻撃でないことを確認」します:
2019110706
 ↑リクエスト確認中の画面

 ↓問題ないと判断されるとオリジンサーバーへ転送されます
2019110707


つまりウェブブラウザからのアクセスであればリクエストの転送機能を使って安全なアクセスが可能になる、という仕組みで実現されています。サービスの運用段階であれば、これが問題になることはあまりないと考えられます。

一方でサービスの開発段階においては少し事情が異なります。API の単体テストなど、ウェブブラウザを使って行うこともありますが、curl などのコマンドやツールを使って行われることも珍しくありません。この場合、curl のリクエストに対して上記「リクエスト確認中」画面の HTML が返ってくるだけで、確認された結果のレスポンス(テストではこれを知りたい)が返ってくるわけではないのです:
$ curl https://XXXXX.XXXXX.com/api/users

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="en-US">
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge,chrome=1" />
  <meta name="robots" content="noindex, nofollow" />
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, maximum-scale=1" />
  <title>Just a moment...</title>
  <style type="text/css">
    html, body {width: 100%; height: 100%; margin: 0; padding: 0;}
    body {background-color: #ffffff; font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; font-size: 100%;}
      :
      :
  ↑青字部分はリクエスト確認中画面の HTML 、これでは動作確認にならない


つまり開発段階で CIS を使う場合、ドメイン設定や SSL 対応などはそのまま使えますが、防御モードに関しては一時的に無効にしたくなるケースが出てくるのでした。この防御モードを無効にするための設定方法を紹介します。


といってもその手順は極めてシンプルで、サービスモードを無効にするだけです:
2019111500


この解除を行うことでドメインの DNS や SSL 対応などを残したまま、防御チェックだけを一時的に無効にすることができるようになります。



このページのトップヘ